要領 が いい。 要領がいい人の特徴・考え方!要領よくものごとをこなす方法

いい 要領 が

「要領がいい」は、 「手際が良い」もしくは「巧みに立ち回ることがうまい」ということを表しています。 この仕事がどこに向かって進もうとしているのかを把握することは要領よくこなすために必要なことです。

6
いい 要領 が

期待されていることが分かっているので、無駄になるようなことを自然と避けている傾向も。 完璧主義なため、細部にまでこだわってしまう。 何事においても重要なのは 自分の頭で考え続けることだと思っています。

1
いい 要領 が

その子は非常に真面目に、学校の教科書を一からしっかりと勉強していたのですが、残り時間を考えると教科書全てを勉強するのではなく、A大学に特化した対策に勉強を切り替えるべきだ考え、とにかくA大学の過去問を洗いざらい分析してみました。

16
いい 要領 が

細かい部分にこだわらず、良い意味で大雑把に物事を捉えられるので、いつも余裕を持って仕事に取り組むことができます。 経験を学習すれば、要領が悪い人も同じことに関しては要領のよさが身に着くでしょう。

1
いい 要領 が

与えられた時間の中で効率良く仕事を進められているかどうかを常にチェックし、 記憶漏れなどの無駄なミスの発生を防ぐためです。

いい 要領 が

もしかすると周りに迷惑をかけているかもしれません。 そのため全ての仕事の完成までには時間がかかってしまいがちです。

9
いい 要領 が

その理由は、自分にとって一番使いやすい物の配置をきちんと考えているからと、物を探すことに無駄な時間をかけたくないからです。 仕事をプライベートのメリハリをつけることが、効率よく仕事をするためのモチベーション維持につながります。

5
いい 要領 が

そのため、最終的に時間をかけて練りたい仕事に十分な時間が確保できるよう、見通しも立てやすくなるのでしょう。

8