ヒゲダン 宿命 歌詞 意味。 Official髭男dism『イエスタデイ』歌詞の意味を考察・解釈

歌詞 意味 宿命 ヒゲダン

修学旅行で東京へやってきたある日、アナキラフィシーショックを起こしたおばあさんを見つけた佐倉は、助けを求めた時に偶然やってきて助けてくれた天堂浬(佐藤健)に一目惚れします。

6
歌詞 意味 宿命 ヒゲダン

椎名林檎の「丸の内サディスティック」と同じコード進行なんですが、丸サが完ぺきな仕上がりで、 このコード進行の代表作になってしまいました。

11
歌詞 意味 宿命 ヒゲダン

避けることも変えることもできない運命的なもの。

13
歌詞 意味 宿命 ヒゲダン

ものすごく不安な様子が想像できます。

4
歌詞 意味 宿命 ヒゲダン

そこには自分と同じ、決意があるのです。 手のひらの豆は無駄じゃない。

5
歌詞 意味 宿命 ヒゲダン

歌詞全体を考察してみると 「失った昨日を取り戻す」という概念が伝わってくる ように感じます。 信念を貫き、自分の意思をきちんと持って行こう。

9