ブレイン 地震 予報。 「ブレイン地震予報」って何のサイトですか?

予報 ブレイン 地震

ページを確認したところ、売り文句にしているのは『熊本地震の予測的中』のようです。 この予報に限らず、常に地震への警戒は怠らないようにしたい。

12
予報 ブレイン 地震

「今月16日から新たな前兆(地電流の異常)が見られ、今後M6・5前後の余震または誘発大地震が発生する可能性がある」とし、21日時点で期間2週間の予報で東北地方南部(同沖)の福島県沖または宮城県沖を中心にM5・8~7・2、最大震度5強~6強、最大津波1m以下の地震の可能性があるとした。

9
予報 ブレイン 地震

また、期間1週間の予報で、中規模地震発生の可能性がある地域は、北海道南部(同沖)、東北地方北部・南部(同沖)、琉球諸島(同沖)としている。 13日の地震に関してブレイン地震予報では、「3日から期間2週間で、東北地方南部でM6・5前後」の地震を予報していたという。

19
予報 ブレイン 地震

活動期は、これから約50年間続くと見込まれています。 福島県沖で13日にマグニチュード(M)7・3、最大震度6強の地震があったが、地震予報サービスを提供する企業が新たに「東北地方南部(同沖)でM5・8〜7・2、最大震度5強〜6強の地震の前兆がみられる」と発表した。

9
予報 ブレイン 地震

さらに言うとグーテンベルグ・リヒター則のb値ですが、この値は原則として地域特性を示しますので大規模地震が始まらない限りは変動しません。

1
予報 ブレイン 地震

0以上の地震が起きたのは次の2回しかないわけで、特に福島県沖の地震については触れられていないようですからね。 その他、マグニチュード6以上の大地震発生が予測される場合などの緊急時は、不定期に臨時配信を行います。 予報を行ったのは「ブレイン地震予報」。

予報 ブレイン 地震

最初はプツンと糸が切れたような振動があり、少し経ってから衝き上げるようにドカンときた。 予報では、本震の発生地域が青森、岩手、秋田3県とその沖合で、昨年9月の北海道胆振東部地震とほぼ同規模。

予報 ブレイン 地震

今後、発生が懸念される「首都直下地震」や「南海トラフ地震」などの巨大地震。 また、期間1週間の予報で、中規模地震発生の可能性がある地域は、北海道南部(同沖)、東北地方北部・南部(同沖)、琉球諸島(同沖)としている。 つまりb値が小さくなるのは大規模地震による変動分であり、小規模地震が先行するならb値は増えてしまうのが原則なのです。

予報 ブレイン 地震

「ブレイン地震予報」は、地球内部を流れる電流(地電流)や低周波音などの観測データを元に地震予報を行っている。 5を超える地震が増えている事の方が重要となります。 1月8日から14日の間に関東地方でマグニチュード5の地震が発生すると予測していた。

9