三十路 意味。 「三十路」の意味を勘違いしていませんか?

意味 三十路

まずは鴨長明『方丈記』(1212年)の一節をお読みいただきたい。 20歳(満19歳) 「二十路(ふたそじ)」「二十歳(はたち)」・・・20歳のこと。

9
意味 三十路

10歳(満9歳)くらい 「辻髪(つじがみ)」・・・つむじを中心に周囲の部分を円形に残し他をそり落とした子どもの髪型が由来。 長いものには巻かれる。 また、五十歳の年齢。

16
意味 三十路

手元にある同辞典の第4版(1994年発行)を見ると、すでに「三十代」と示してあるから、かなり以前から、この使い方は一般になされていたと考えてよさそうだ。

10
意味 三十路

だから 四捨五入だの 五捨六入だの 単刀直入だの ケーキ入刀だのはどうでもいい。 これは明らかに、30歳ではなく30代の意味で使っている。

8
意味 三十路

旅路、家路などと使うように、「……路」は、ある特定の一点ではなく一定の長さの道筋・行程を想起させやすい。 「白」は「百から一をとったもの」と考えることから数字にすると99になる。 標準語で辞書にも記載があるので許容範囲ではないかなと判断しました。

14
意味 三十路

漢字で書けば「箇、個」になるのだが、数のうちでも年齢を表すことが多く「路」を当てるようになったのだとか……。 あ、ちなみに下の記事オススメだから読んどいた方がいいよ。

16
意味 三十路

Wikipediaが使えねぇからアンサイクロペディアで調べてみる やっぱり頼りになるのは アンサイクロペディアだな。 これに追随する辞典がこれから出てくるであろう。

14
意味 三十路

ただ、どうしても軟膏がいい場合、私ならネオメドロールEEを選択します。 「二十歳」と書いて「はたち」と読む、あの「ち」です。 読み方が「 みそじ」って知ってるよそんなん!そうじゃないよ! これだからWikipediaはさぁ…いや、まぁ 普段Wikipedia様にはめっちゃお世話になってますけどね。

15