竹田 敏浩。 竹田敏浩

敏浩 竹田

第36回で、6大会連続3rd進出中だったドリュー・ドレッシェルが2ndステージリタイヤとなったことにより、少なくとも第38回までは3rd・クリフハンガー到達の連続記録は破られることはなくなった。 3大会ぶりの出場を果たすも、初挑戦のローリングエスカルゴで、対岸からかなり遠いところから飛ぼうとしたことが仇となり、対岸で足が着水。 第18回大会〜第24回大会 第17回の長野誠の完全制覇により、竹田は自身初の引退を示唆する発言をする。

8
敏浩 竹田

1stのそり立つ壁を3回目に突破するも、ゴール目前でタイムアップとなる。 。 第9回はゼッケン97番での出場。

10
敏浩 竹田

なお、この大会の表記は終始「山本進 吾」という誤表記であった。 「レジェンド」や「生ける伝説」などと呼ばれ、 歴代SASUKEオールスターズの中でも人気の高いメンバーとなっています。 第18回大会〜第24回大会 [編集 ] 第17回の長野誠の完全制覇により、竹田は自身初の引退を示唆する発言をする。

敏浩 竹田

84秒の最速タイムでクリアする。 SASUKEに出場した大会の結果 大会別成績• 長野誠、秋山和彦、高橋賢次も出演。

敏浩 竹田

6秒残し、3rdまで駒を進める。

敏浩 竹田

も発症しており、ベストコンディションではない中でのSASUKE挑戦が続いている。 ミスターSASUKE・山田勝己は一般人ながら、SASUKEを代表するメンバーとして有名になり、CMやバラエティへの出演、ドラマ出演などタレントのような活動もしていました。

敏浩 竹田

左肩を思うように使えないために、腕を曲げられず、ぶら下げた右手一本で必死に耐え抜く姿も見られた。

4
敏浩 竹田

1stステージは無難にクリアしたが、2ndバックストリームで息が詰まり泳ぐことが出来なくなりリタイア。 最初にオールスターズでリタイアしたのは981番の秋山和彦• 3rdクリフハンガーまで進出し、下り段差を何とか耐えたものの、着地地点前で落下した。 自身初の2大会連続1stリタイアとなる。

2