今日 の コロナ 感染 者 数 都 道府県 別。 市内での新型コロナウイルス感染症の確認状況

者 都 今日 道府県 別 コロナ 感染 数 の

その影響で東京から地方へ「コロナ疎開」をする人も出てきている。 1万人から1カ月強で2万人を超えたことが第2波の勢いを物語る。 全国で1563人感染、神奈川、埼玉で過去最多(8月8日) 国内の新規感染者は1563人で、5日連続の1000人超となった。

19
者 都 今日 道府県 別 コロナ 感染 数 の

令和2年4月29日発表分• 令和2年11月30日発表分• 20日に体調が急変し、21日に入院することが決まっていたという。 新規感染者が1週間ぶりに1000人下回る(11月16日) 全国で16日に確認された新規感染者はぬ950人で、9日以来1週間ぶりに1000人を下回った。 感染者数は実数で報道されることが多い。

者 都 今日 道府県 別 コロナ 感染 数 の

令和2年5月6日発表分• 令和2年5月14日発表分• 資料196-6(12月4日発表の資料196の関係者) 患者の住所等 住 所 和歌山県(岩出保健所管内) 性別等 女性/60代 職 業 無職 経過 12月5日 接触者として検体採取、新型コロナウイルス検査陽性が判明 12月6日 医療機関Bに入院 現在の病状 医療機関Bに入院中、無症状 対応 岩出保健所が調査中• 患者の状況• 令和2年4月2日発表分• 東京は317人で、都内累計は3万3377人となった。 東京都では新たに263人の感染が確認された。

1
者 都 今日 道府県 別 コロナ 感染 数 の

令和2年3月21日発表分• 尾身会長は、「欧米で起こっているような1日に数万人単位の感染拡大は防がなければならない。 新型コロナウイルスによる企業への影響を緩和し、企業を支援するための施策の案内• 令和2年4月5日発表分• 令和2年3月16日発表分• 23区内の時短営業要請、9月15日まで延長(8月27日) 東京都は、感染拡大防止策として8月3日から31日までの予定で実施していた飲食店、カラオケ店などへの午後10時までの時短営業要請を、23区に限り9月15日まで延長すると発表した。 図表1には、感染者数の多い都道府県ランキングを実数と人口10万人当たりの両方で示したデータを掲げた。

者 都 今日 道府県 別 コロナ 感染 数 の

今後2週間を集中対策期間とし、飲酒を伴う会合への参加など感染リスクが高い行動の自粛や、テレワークの推進への協力を求める。 東京は87人で、10月19日以来、2週間ぶりに100人割り込んだ。

7
者 都 今日 道府県 別 コロナ 感染 数 の

令和2年9月19日発表分• 801~803例目• 資料201 患者の住所等 住 所 和歌山市 性別等 男性/50代 職 業 会社員 経過 12月2日 発熱37.4度、全身倦怠感(以降継続) 12月4日 鼻汁・鼻閉(以降継続)、味覚異常 12月5日 医療機関Hを受診、抗原陽性 検体採取、新型コロナウイルス検査陽性が判明 12月6日 医療機関Iに入院、症状安定 現在の病状 医療機関Iに入院中、症状安定 対応 和歌山市保健所が調査中• 全国の重症者は前日から9人増えて497人と過去最多を記録した。

7
者 都 今日 道府県 別 コロナ 感染 数 の

海外渡航歴なし。 東京は493人で、8月1日の472人を上回り過去最多。 令和2年9月30日発表分• 令和2年11月17日発表分• 令和2年6月19日発表分• 資料190-1(12月1日発表の資料190の友人) 患者の住所等 住 所 和歌山市 性別等 男性 20代 職 業 アルバイト 経過 11月27日 発熱37度、頭痛、関節筋肉痛 11月28日 発熱39.1度、頭痛、全身倦怠感、関節筋肉痛 11月29日 解熱、全身倦怠感、関節筋肉痛 11月30日 鼻汁・鼻閉 12月1日 鼻汁・鼻閉、咽頭痛、濃厚接触者として検体採取 新型コロナウイルス検査陽性が判明 12月2日 医療機関Dに入院 現在の病状 医療機関Dに入院中、症状安定 対応 和歌山市保健所が調査中• 令和2年11月27日発表分• 東京は534人と初めて500人を突破した。

1
者 都 今日 道府県 別 コロナ 感染 数 の

全国の新規感染者、4日ぶりに1000人以下に(8月22日) 全国では22日、新たに982人の新規感染が確認された。 。

9
者 都 今日 道府県 別 コロナ 感染 数 の

1日当たりの新規感染者が300人を超えたのは8月20日以来2カ月半ぶり。 1000人を超えたのは4日連続。 令和2年7月31日発表分• 5人以下 (ほかの色の条件も満たしていても、 人口あたりの新規感染者数がそれぞれの色の基準以上なら、 危険度はそれぞれの色) 傾向 横浜市の中で 人口あたりの新規感染者数の多さが上位 横浜市の中で 人口あたりの新規・累計感染者数が多め 横浜市の中で 人口あたりの新規・累計感染者数の一方が多め もう一方が少なめ 横浜市の中で 人口あたりの新規・累計感染者数が少なめ 人口あたりの新規感染者数がかなり少ない. 患者の状況• 令和2年8月13日発表分• いずれも、連休中は検体数が少ないことが影響している。

13