ハイラックス マイナーチェンジ 2020。 ハイラックスの2020年マイナーチェンジの変更点!最新情報まとめ

マイナーチェンジ 2020 ハイラックス

2インチTFTカラーマルチインフォーメーションディスプレイが設定され、視認性を向上。 7代目からは世界戦略車「IMVシリーズ」のピックアップトラック車種にハイラックスの車名を引き継ぎ世界的に販売されており、カローラの次に世界で売れているトヨタ車になっています。

13
マイナーチェンジ 2020 ハイラックス

Xグレード ・ブラックフロントグリル ・スチールホイール ・ハロゲンヘッドランプ ・ハロゲンフォグランプ ・サイドターンランプ付電動ドアミラー ・マニュアルエアコン ・ワイヤレスキー ・ヒルスタートアシスト ・バックモニター Z ・シルバーメッキフロントグリル ・LEDヘッドライト ・LEDフォグライト ・アルミホイール ・スマートエントリー ・クルーズコントロール ・本革巻きステアリングホイール ・エアコン吹き出し口シルバー加飾 ・オートエアコン ・プリクラッシュセーフティシステム ・車線維持支援システム ・ディファレンシャルロック 以上のようになっています。 例えばベンツのGクラスですらアイドリングストップを搭載したと思えば、トヨタの新型ヤリスはコンパクトカーでありながら一部グレード(ハイブリッド以外)にアイドリングストップ非採用・・・。 インテリアは、エントリーモデルのXグレードにもオプティトロンメーター+4. オートLSD追加 クリアランスソナーは障害物にぶつかりそうになったらアラームで教えてくれるっていう機能のこと。

6
マイナーチェンジ 2020 ハイラックス

さらに、ZグレードにはオートLSDを組み込み、トラクション性能をいっそう引き上げた。 ダークブルーマイカ【新色】 トヨタ新型ハイラックスのボディカラーには、全5色が設定されています。

マイナーチェンジ 2020 ハイラックス

サスペンションの改良とパワステのオイル流量を制御するVFC機能を追加したことで、操縦安定性と乗り心地を向上。 そして、メーター上の燃費は13. 上級グレードのZには「アクティブトラクションコントロール」「ダウンヒルアシストコントロール」「リヤデフロック」も採用した。

19
マイナーチェンジ 2020 ハイラックス

強固!トヨタ新型ハイラックスのプラットフォームは? 新型ハイラックスのプラットフォームには、現行モデルにあわせ新開発されたラダフレームが採用されています。 オキサイドブロンズメタリック (6X1) 新色• さらに、ZグレードにはオートLSDが追加され、コーナリング時や悪路で左右駆動輪にトルクを適切に配分することで、トラクション性を向上させ、高い車両コントロール性能を実現しています。

3
マイナーチェンジ 2020 ハイラックス

乗員:5人乗り• X・・・3,471,000円 Z・・・3,876,000円 車の買い換えを検討中の方へ お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

2
マイナーチェンジ 2020 ハイラックス

(塚田勝弘). 安全システムを改良し、プリクラッシュセーフティの検知機能を向上。 カラーバリエーションの変更 今回のマイナーチェンジにおいて「オキサイドブロンズメタリック(6X1)」と「ダークブルーマイカ(8X8)」が追加され、「クリムゾンスパークレッドメタリック(3T6)」と「 ネビュラブルーメタリック(8X2)」が廃止されました。 マイナーチェンジ前のハイラックスはリアサスペンションが硬く、ユーザーからも乗り心地が良くないという声が出ていました。

11