山健 組 中田 浩司。 【神戸山口組】組長ヒットマン!中田浩司山健組組長を殺人未遂で逮捕【弘道会神戸事務所襲撃】

浩司 中田 山健 組

上記の通り、中田組長は敵対する組織の人間を襲撃した容疑で逮捕されていました。 (文=山口組問題特別取材班). 組は財政的な余裕がなくなり、ヒットマンに手厚いサポートをできなくなったんです。 大阪刑務所に服役中であった同組若頭である四代目真鍋組の池田幸治組長が、23日に出所を果たしたのである。

12
浩司 中田 山健 組

今年8月、 五代目山健組の中田浩司組長は、抗争にまつわる発砲事件にかかわったとして、神戸拘置所に収監中の身であったのだが、そこから神戸山口組の離脱を表明して見せたのだ。

4
浩司 中田 山健 組

引退した途端にズドン(と撃たれる)でしょう。

17
浩司 中田 山健 組

現在は組長に親分としてのカリスマ性がなくなったのか、若い組員を心服させ信頼関係を築くことが難しくなった。 6代目山口組から絶縁されている神戸山口組の幹部としては井上組長、入江禎副組長(宅見組)、寺岡修若頭(侠友会)、池田孝志最高顧問(池田組)、正木年男総本部長の5人がいる(他に破門8人)。

7
浩司 中田 山健 組

かつては20代の組員がジギリをかけ、刑期を終え出所し40代で幹部になるというのが出世コースでした。

12
浩司 中田 山健 組

六代目山口組の組織運営は組織力と組会費(上納金)の高さの厳しさでは有名であるが分裂前には組会費(上納金)の値上げ(月85万円)+別途、義理で日用品を大量に買う事を押し付けられるいわゆる【弘道会方式】と五代目山口組迄続いた山健組身内贔屓 (ひいき)が当代の司忍組長になった事で弘道会が山口組の中核となりその為、山健組贔屓が弘道会への身内贔屓 また六代目山口組の専制に我慢ならない山健組(当時四代目山健組)を筆頭に【神戸山口組】を結成、六代目山口組 高山清司若頭が刑務所に服役中に反旗を翻す形となった。 5代目山口組の宅見勝若頭をハジいた中野会が大阪府警に解散届を出すまで8年。 中田組長は神戸山口組幹部も兼ね、対立抗争が続く特定抗争指定暴力団山口組(神戸市灘区)系組員を昨年8月に銃撃したとする殺人未遂罪などで起訴されている。

4