鉄道 唱歌。 「鉄道唱歌」世界の童謡・唱歌無料ダウンロード

唱歌 鉄道

大和田建樹 おおわだたけき 作詞。 君 ( きみ )が 八千代 ( やちよ )の 久 ( ひさ )の 濱 ( はま ) 木奴美 ( こぬみ )が 浦 ( うら )の 波 ( なみ )ちかく をさまる 國 ( くに )の 平 ( たひら ) 町 ( まち ) 並 ( ならび )が 岡 ( をか )のけしきよし• 見 ( み )るがまゝに 變 ( かは )りゆく 松 ( まつ )のすがた 岩 ( いは )のさま 前 ( まへ )に 立 ( た )てる 島 ( しま )ははや あとに 遠 ( とほ )く 霞 ( かす )みたり• 扇󠄁 ( あふぎ )おしろい 京都 ( きやうと ) 紅 ( べに ) また 加茂 ( かも ) 川 ( がは )の 鷺 ( さぎ )しらず みやげを 提 ( さ )げていざ 立 ( た )たん あとに 名 ( な ) 殘 ( ごり )はのこれども• あはれ 當 ( たう ) 時 ( じ )の 御 ( み ) 心 ( こゝろ )を おもひまつればいかならん 御 ( お ) 前 ( まへ )の 池 ( いけ )に 鯉 ( こひ )を 呼 ( よ )ぶ をとめよ 子等 ( こら )よ 旅人 ( たびびと )よ• 世 ( よ )にも 名 ( な ) 高 ( だか )き 興 ( おき ) 津 ( つ ) 鯛 ( だひ ) 鐘 ( かね )の 音 ( ね )ひゞく 清 ( きよ ) 見 ( み ) 寺 ( でら ) 清 ( し ) 水 ( みづ )につゞく 江 ( え ) 尻 ( じり )より ゆけば 程 ( ほど )なき 久 ( く ) 能山 ( のうざん )• 出 ( で ) 船入船 ( ぶねいりぶね )たえまなき 商 ( しやう ) 業繁華 ( げふはんくわ )の 三田 ( みた ) 尻 ( じり )は 山陽線 ( さんやうせん ) 路 ( ろ )のをはりにて 馬 ( ば ) 關 ( くわん )に 延 ( の )ばす 汽 ( き ) 車 ( しや )のみち• 宰 ( さい ) 府 ( ふ )わかれて 鳥栖 ( とす )の 驛 ( えき ) 長崎 ( ながさき )ゆきのわかれ 道 ( みち ) 久留米 ( くるめ )は 有 ( あり ) 馬 ( ま )の 舊 ( きう ) 城 ( じやう ) 下 ( か ) 水天宮 ( すゐてんぐう )もほどちかし• 旭将軍義仲の 育ちし里は宮の越 傲る平家を討たばやと 旗揚げしたる南宮社• 夏 ( なつ )なほ 寒 ( さむ )き 布引 ( ぬのびき )の 瀧 ( たき )のひゞきをあとにして 神 ( かう ) 戸 ( べ )の 里 ( さと )を 立 ( た )ちいづる 山陽線 ( さんやうせん ) 路 ( ろ )の 汽 ( き ) 車 ( しや )の 道 ( みち )• 中野荻窪吉祥寺 境町より十余町 多摩上水の岸の辺は 桜ならざる里もなし• 汽 ( き ) 笛 ( てき ) 一聲 ( いつせい ) 新橋 ( しんばし )を はやわが 汽 ( き ) 車 ( しや )は 離 ( はな )れたり 愛 ( あ ) 宕 ( たご )の 山 ( やま )に 入 ( い )りのこる 月 ( つき )を 旅 ( たび ) 路 ( ぢ )の 友 ( とも )として• 長岡 ( ながをか )おりて 飯坂 ( いひざか )の 湯 ( たう ) 治 ( ぢ )にまはる 人 ( ひと )もあり 越河 ( こすがう )こして 白石 ( しろいし )は はや 陸前 ( りくぜん )の 國 ( くに )と 聞 ( き )く• 世にひびきわたる戦国の 名将武田信玄が 英魂毅魄とこしえに 眠りて覚めぬ大泉寺• ありがとうございます。

7
唱歌 鉄道

金 ( きん )と 石 ( いし )との 小 ( こ ) 金 ( がね ) 井 ( ゐ )や 石橋 ( いしばし )すぎて 秋 ( あき )の 田 ( た )を 立 ( た )つや 雀 ( すゞめ )の 宮 ( みや ) 鼓 ( つゞみ ) 宇都 ( うつの ) 宮 ( みや )にもつきにけり• こゝぞ 昔 ( むかし )の 難 ( なに ) 波 ( は )の 津 ( つ ) こゝぞ 高 ( たか ) 津 ( つ )の 宮 ( みや )のあと 千 ( せん ) 古 ( こ )の 英雄秀吉 ( えいいうひでよし )の おもかげ 城 ( しろ )に 殘 ( のこ )りたり• 線 ( せん ) 路 ( ろ ) 分 ( わか )るゝ 三 ( み ) 角港 ( すみかう ) 出 ( い )で 入 ( い )る 船 ( ふね )は 絶 ( た )えまなし 松橋 ( まつばせ )すぎて 八代 ( やつしろ )と 聞 ( き )くも 心 ( こゝろ )のたのしさよ• 鳥 ( とり )も 翔󠄁 ( かけ )らぬ 大空󠄁 ( おほぞら )に かすむ 五 ( ご ) 重 ( ぢゆう )の 塔 ( たふ )の 影 ( かげ ) 佛法最初 ( ぶつぽふさいしよ )の 寺 ( てら )と 聞 ( き )く 四 ( し ) 天王 ( てんわう ) 寺 ( じ )はあれかとよ• 岩沼驛 ( いはぬまえき )のにぎはひは 春 ( はる )と 秋 ( あき )との 馬 ( うま )の 市 ( いち ) 千 ( せん ) 里 ( り )の 道 ( みち )に 鞭 ( むち )うちて すゝむは 誰 ( たれ )ぞ 國 ( くに )のため• 小野の滝つせ霧はれて しぶきに虹ぞ立ちわたる 名所めぐりも束の間に須原の宿や野尻駅• 粟 ( あは ) 津 ( づ )の 松 ( まつ )にこと 問 ( と )へば 答 ( こた )へがほなる 風 ( かぜ )の 聲 ( こゑ ) 朝 ( あさ ) 日 ( ひ ) 將 ( しやう ) 軍 ( ぐん ) 義仲 ( よしなか )の ほろびし 深 ( ふか ) 田 ( た )はいづかたぞ• 山の麓の墳墓に 恨みは残る景徳院 国は滅びていたずらに 山河昔を語るのみ• 右 ( みぎ )は 入海 ( いりうみ )しづかにて 空 ( そら )には 富士 ( ふじ )の 雪󠄁 ( ゆき )しろし 左 ( ひだり )は 遠󠄁州灘 ( ゑんしうなだ )ちかく 山 ( やま )なす 波 ( なみ )ぞ 碎 ( くだ )けちる• 磯 ( いそ )にはながめ 晴 ( は )れわたる 和田 ( わだ )のみさきを 扣 ( ひか )へつゝ 山 ( やま )には 絕 ( た )えず 布引 ( ぬのびき )の 瀧󠄆 ( たき ) 見 ( み )に 人 ( ひと )ものぼりゆく• 東 ( とう ) 寺 ( じ )の 塔 ( たふ )を 左 ( ひだり )にて とまれば 七條 ( しちでう )ステーシヨン 京都 ( きやうと ) 々々 ( 〳 〵 )と 呼 ( よ )びたつる 車掌 ( しやしやう )のこゑもなつかしや• この 水上 ( みなかみ )にありと 聞 ( き )く 諏訪 ( すは )の 湖 ( こ ) 水 ( すゐ )の 冬 ( ふゆ )げしき 雪 ( ゆき )と 氷 ( こほり )のかけはしを わたるは 神 ( かみ )か 里人 ( さとびと )か• 中央線鉄道唱歌 [ ]• 世 ( よ )にも 名 ( な ) 高 ( だか )き 興 ( おき ) 津 ( つ ) 鯛󠄁 ( だひ ) 鐘 ( かね )の 音󠄁 ( ね )ひゞく 淸 ( きよ ) 見 ( み ) 寺 ( でら ) 淸 ( し ) 水 ( みづ )につゞく 江 ( え ) 尻 ( じり )より ゆけば 程 ( ほど )なき 久 ( く ) 能山 ( のうざん )• 註: この文書ではが使用されています。 天 ( あま )の 橋立 ( はしだて ) 三保 ( みほ )の 浦 ( うら ) この 箱崎 ( はこざき )を 取 ( と )りそへて 三松原 ( さんまつばら )とよばれたる その 名 ( な )も 千代 ( ちよ )の 春 ( はる )のいろ• 八幡宮 ( はちまんぐう )の 石段 ( いしだん )に 立 ( た )てる 一 ( ひと ) 木 ( き )の 大 ( おほ ) 鴨脚樹 ( いてふ ) 別當 ( べつたう ) 公󠄁 ( く ) 曉 ( げう )のかくれしと 歷 ( れき ) 史󠄁 ( し )にあるはこの 蔭󠄂 ( かげ )よ• 最も早い時期の替え歌は、オリジナルの『鉄道唱歌』が発表されたすぐ後、雑誌『団団珍聞』(明治33年12月22号)に掲載された『鉄道笑歌』です。

11
唱歌 鉄道

積翠凝りて滴りて 玉なす水の桂川 岸千尋の断崖に かかるや猿橋虹の如• 帝󠄁國第 ( ていこくだい ) 二 ( に )に 位 ( くらゐ )して 商󠄁工 ( しやうこう )さかゆる 大阪 ( おほさか ) 市 ( し ) 安治 ( あぢ ) 川口 ( かはぐち )に 入 ( い )る 舟 ( ふね )の 煙󠄁 ( けむり )はたゆるひまもなし• 三 ( さん ) 家 ( け )の 中 ( なか )に 勤王 ( きんのう )の その 名知 ( なし )られし 水戸 ( みと )の 藩 ( はん ) わするな 義 ( ぎ ) 公 ( こう )が 撰 ( えら )びたる 大 ( だい ) 日 ( に ) 本 ( ほん ) 史 ( し )のその 功 ( いさを )• 海 ( うみ )にいでたる 廻 ( くわい ) 廊 ( らう )の 板 ( いた )を 浮 ( うか )べてさす 汐 ( しほ )に うつる 燈 ( とう ) 籠 ( ろ )の 火 ( ひ )の 影 ( かげ )は 星 ( ほし )か 螢 ( ほたる )か 漁 ( いさり ) 火 ( び )か• 町 ( まち )の 名所 ( めいしよ )は 水前 ( すゐぜん ) 寺 ( じ ) 公園 ( こうゑん )きよく 池 ( いけ )ひろし 宮 ( みや )は 紅葉 ( もみぢ )の 錦 ( にしき ) 山 ( やま ) 寺 ( てら )は 法 ( ほつ ) 華 ( け )の 本妙 ( ほんめう ) 寺 ( じ )• この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で 発行されておらず)、 かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、 かつ、の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においての状態にあります。

19
唱歌 鉄道

津 ( つ ) 輕 ( がる )の 瀬戸 ( せと )を 中 ( なか )にして 凾館 ( はこだて ) 〔 〕までは 二 ( に ) 十 ( じふ ) 四里 ( より ) ゆきかふ 船 ( ふね )の 煙 ( けむり )にも 國 ( くに )のさかえは 知 ( し )られけり• この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で 発行されておらず)、 かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、 かつ、の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においての状態にあります。

唱歌 鉄道

向 ( むかひ )の 岸 ( きし )は 馬 ( ば ) 關 ( くわん )にて 海 ( かい ) 上 ( じやう )わづか 二 ( に ) 十 ( じつ ) 町 ( ちやう ) 瀬戸 ( せと ) 内海 ( うちうみ )の 咽首 ( のどくび )を しめてあつむる 船 ( ふね )の 數 ( かず )• こゝに 開 ( ひら )きし 頼朝 ( よりとも )の 幕 ( ばく ) 府 ( ふ )のあとはいづかたぞ 松風 ( まつかぜ )さむく 日 ( ひ )は 暮 ( く )れて こたへぬ 石 ( せき ) 碑 ( ひ )は 苔青 ( こけあを )し• 大曽根千種も早過ぎて 鶴舞公園目のあたり 身支度整う程もなく 汽車は名古屋に着きにけり• 湖水を出ずる天竜川 流れに波も辰野駅 伊那に赴く旅人は 降りて電車に乗替えよ• 三留野を出でて木曽川を 渡る鉄橋五十間 しず母の風景釣越は 昔の道中忍ばるる• 煙󠄁 ( けぶり )を 水 ( みづ )に 橫 ( よこ )たへて わたる 濱 ( はま ) 名 ( な )の 橋 ( はし )の 上 ( うへ ) 袂 ( たもと )すゞしく 吹 ( ふ )く 風 ( かぜ )に 夏 ( なつ )も 殘 ( のこ )らずなりにけり• おもへば 夢 ( ゆめ )かときのまに 一百五 ( いつぴやくご ) 十 ( じふ ) 里 ( り )はしりきて 神 ( かう ) 戸 ( べ )の 宿 ( やど )に 身 ( み )をおくも げに 文明 ( ぶんめい )のたまものぞ• 阿部 ( あべ )の 貞任義家 ( さだたふよしいへ )の 戰 ( たゝかひ )ありし 衣 ( ころも ) 川 ( がは ) 金色堂 ( こんじきだう )を 見 ( み )る 人 ( ひと )は こゝにておりよ 平 ( ひら ) 泉 ( いづみ )• 羽二 ( はぶ ) 重 ( たへ )おりと 鐵瓶 ( てつびん )は 市 ( し )の 産物 ( さんぶつ )と 知 ( し )られたり 岩 ( いは ) 手 ( で )の 山 ( やま )の 峰 ( みね )よりも 南 ( なん ) 部 ( ぶ )の 馬 ( うま )の 名 ( な )ぞ 高 ( たか )き• 空に聳ゆる駒ヶ岳 寝覚の床に臨川寺 小野瀧越えて定勝寺 景色秀れて眺め好し• 粟 ( あは ) 津 ( づ )の 松󠄁 ( まつ )にこと 問 ( と )へば 答 ( こた )へがほなる 風 ( かぜ )の 聲 ( こゑ ) 朝󠄁 ( あさ ) 日 ( ひ ) 將 ( しやう ) 軍 ( ぐん ) 義仲 ( よしなか )の ほろびし 深 ( ふか ) 田 ( た )はいづかたぞ• 心なぐさむ更級や 姨捨山にてる月は 秋は田毎にうつろいて 四郡の平野朧なり• 地理教育鉄道唱歌(一) 東海道 東京〜岐阜 品川を行く汽車(明治29年) 一 汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり に入りのこる 月を旅路の友として 二 右は高輪 四十七士の墓どころ 雪は消えても消えのこる 名は千載の後までも 三 窓より近く品川の 台場も見えて波白き 海のあなたにうすがすむ 山は上総か房州か 四 梅に名をえし大森を すぐれば早も川崎の 大師河原は程ちかし 急げや電気の道すぐに 五 鶴見神奈川あとにして ゆけば横浜ステーション 湊を見れば百舟(ももふね)の 煙は空をこがすまで 横浜港(明治初期) 六 横須賀ゆきは乗替と 呼ばれておるる大船の つぎは鎌倉鶴が岡 源氏の古跡や尋ね見ん 七 八幡宮の石段に 立てる一木の大鴨脚樹(おおいちょう) 別当公暁のかくれしと 歴史にあるは此陰よ 八 ここに開きし頼朝が 幕府のあとは何(いづ)かたぞ 松風さむく日は暮れて こたへぬ石碑は苔あをし 鶴ヶ岡八幡宮(明治29年) 九 北は円覚建長寺 南は大仏星月夜 片瀬腰越江の島も ただ半日の道ぞかし 江ノ島(明治29年) 一〇 汽車より逗子をながめつつ はや横須賀に着きにけり 見よやドックに集まりし わが軍艦の壮大を 一一 支線をあとに立ちかへり わたる相模の馬入川(ばにゅうがわ) 海水浴に名を得たる 大磯みえて波すずし 一二 国府津おるれば馬車ありて 酒匂小田原とほからず 箱根八里の山道も あれ見よ雲の間より (後に「馬車ありて」を「電車あり」に訂正) 明治初期の小田原(左)と箱根(右) 一三 いでてはくぐるトンネルの 前後は山北小山駅 今もわすれぬ鉄橋の 下ゆく水のおもしろさ 一四 はるかにみえし富士の嶺(ね)は はや我そばに来りたり 雪の冠(かんむり)雲の帯 いつもけだかき姿にて 一五 ここぞ御殿場夏ならば われも登山をこころみん 高さは一万数千尺 十三州もただ一目 一六 三島は近年ひらけたる 豆相(ずそう)線路のわかれみち 駅には此地の名を得たる 官幣大社の宮居あり 一七 沼津の海に聞えたる 里は牛伏我入道(うしぶせがにゅうどう) 春は花咲く桃のころ 夏はすずしき海のそば 一八 鳥の羽音におどろきし 平家の話は昔にて 今は汽車ゆく富士川を 下るは身延の帰り舟 富士川(大正時代?) 一九 世に名も高き興津鯛 鐘の音ひびく清見寺 清水につづく江尻より ゆけば程なき久能山 二〇 三保の松原田子の浦 さかさにうつる富士の嶺を 波にながむる舟人は 夏も冬とや思ふらん 二一 駿州一の大都会 静岡いでて阿部川を わたればここぞ宇津の谷の 山きりぬきし洞(ほら)の道 二二 鞘より抜けておのづから 草なぎはらひし御剣(みつるぎ)の 御威(みいつ)は千代に燃ゆる火の 焼津の原はここなれや 二三 春咲く花の藤枝も すぎて島田の大井川 むかしは人を肩にのせ わたりし話も夢のあと 二四 いつしか又も暗(やみ)となる 世界は夜かトンネルか 小夜の中山夜泣石 問へども知らぬよその空 二五 掛川袋井中泉 いつしかあとに早なりて さかまき来る天龍の 川瀬の波に雪ぞちる 二六 この水上にありと聞く 諏訪の湖水の冬げしき 雪と氷の懸橋を わたるは神か里人か 二七 琴ひく風の浜松も 菜種に蝶の舞坂も うしろに走る愉快さを うたふか磯の波のこゑ 二八 煙を水に横たへて わたる浜名の橋の上 たもと涼しく吹く風に 夏ものこらずなりにけり 二九 左は入海しづかにて 空には富士の雪しろし 右は遠州洋(なだ)ちかく 山なす波ぞ砕けちる (後に「右」と「左」が入れ替えられています) 三〇 豊橋おりて乗る汽車は これぞ豊川稲荷道 東海道にてすぐれたる 海のながめは蒲郡 三一 見よや徳川家康の おこりし土地の岡崎を 矢矧(やはぎ)の橋に残れるは 藤吉郎のものがたり 三二 鳴海しぼりの産地なる 鳴海に近き大高を 下りておよそ一里半 ゆけば昔の桶狭間 三三 めぐみ熱田の御やしろは 三種の神器の一つなる その草薙の神つるぎ あふげや同胞四千万 三四 名だかき金の鯱は 名古屋の城の光なり 地震のはなしまだ消えぬ 岐阜の鵜飼も見てゆかん 焼失前の名古屋城 に続く. かの 西南 ( せいなん )の 戰爭 ( せんさう )に その 名 ( な )ひ び ( 〔 〕 )きし 田 ( た ) 原坂 ( はら 〔 〕ざか ) 見 ( み )にゆく 人 ( ひと )は 木葉 ( き 〔 〕のは )より おりて 道 ( みち )きけ 里人 ( さとびと )に• 南 ( みなみ )は 球磨 ( くま )の 川 ( かは )の 水 ( みづ ) 矢 ( や )よりも 早 ( はや )くながれたり 西 ( にし )は 天草洋 ( あまくさなだ )の 海 ( うみ ) 雲 ( くも )かとみゆる 山 ( やま )もなし• 煙 ( けぶり )を 水 ( みづ )に 横 ( よこ )たへて わたる 濱 ( はま ) 名 ( な )の 橋 ( はし )の 上 ( うへ ) 袂 ( たもと )すゞしく 吹 ( ふ )く 風 ( かぜ )に 夏 ( なつ )も 殘 ( のこ )らずなりにけり• 千代 ( ちよ )に 八千代 ( やちよ )の 末 ( すゑ )かけて 榮 ( さか ) 行 ( ゆ )く 御代 ( みよ )は 長崎 ( ながさき )の 港 ( みなと )にぎはふ 百 ( もゝ ) 千 ( ち ) 船 ( ぶね ) 夜 ( よ )は 舷燈 ( げんとう )のうつくしさ• 少 ( すこ )しくあとに 立 ( た )ちかへり 徳山港 ( とくやまかう )を 船 ( ふな ) 出 ( で )して 二 ( に ) 十 ( じふ ) 里 ( り )ゆけば 豐 ( ぶ ) 前 ( ぜん )なる 門司 ( もじ )の 港 ( みなと )につきにけり• 汽 ( き ) 車 ( しや )のりかへて 弘前 ( ひろさき )に あそぶも 旅 ( たび )の 樂 ( たの )しみよ 店 ( みせ )にならぶは 津 ( つ ) 輕塗 ( がるぬり ) 空 ( そら )に 立 ( た )てるは 津 ( つ ) 輕 ( がる ) 富士 ( ふじ )• 色浅からぬ浅川の 紅葉林に日は落ちて 草より出でて入る月の 山の端近き与瀬の駅• 勇 ( いさ )む 笛 ( ふえ )の 音 ( ね )いそぐ 人 ( ひと ) 汽 ( き ) 車 ( しや )は 著 ( つ )きけり 青森 ( あをもり )に むかしは 陸 ( りく ) 路 ( ろ ) 廿 ( はつ ) 日 ( か ) 道 ( みち ) 今 ( いま )は 鐵道一晝 ( てつだういつちう ) 夜 ( や )• 世 ( せ ) 界 ( かい )にその 名 ( な )いと 高 ( たか )き 馬 ( ば ) 關 ( くわん ) 條約結 ( でうやくむす )びたる 春 ( しゆん ) 帆樓 ( ぱんろう )の 跡 ( あと )とひて 昔 ( むかし )しのぶもおもしろや• 毛 ( もう ) 利 ( り ) 元就 ( もとなり )この 島 ( しま )に 城 ( しろ )をかまへて 君 ( きみ )の 敵 ( あだ ) 陶晴賢 ( すえはるかた )を 誅 ( ちう )せしは のこす 武 ( ぶ ) 臣 ( しん )の 鑑 ( かゞみ )なり• 國府津 ( こふづ )おるれば 電車 ( でんしや )あり 小田 ( をだ ) 原 ( はら ) 熱 ( あた ) 海 ( み ) 行 ( ゆ )くもよし 箱 ( はこ ) 根 ( ね ) 八 ( はち ) 里 ( り )の 山道 ( やまみち )も あれ 見 ( み )よ 雲 ( くも )の 間 ( あひだ )より• 國府津 ( こふづ )おるれば 電車 ( でんしや )あり 小田 ( をだ ) 原 ( はら ) 熱 ( あた ) 海 ( み ) 行 ( ゆ )くもよし 箱 ( はこ ) 根 ( ね ) 八 ( はち ) 里 ( り )の 山道󠄁 ( やまみち )も あれ 見 ( み )よ 雲 ( くも )の 間 ( あひだ )より• こげや/\いざ 船 ( ふな ) 子 ( こ ) 鏡 ( かゞみ )なせる 海 ( うみ )の 上 ( うへ ) 波 ( なみ )に 浮 ( うか )ぶ 八百 ( はつぴやく )の 島 ( しま )の 影 ( かげ )もおもしろや• 大久保つつじの花盛り 柏木中野に兵営を 見るや荻窪吉祥寺 境を過ぐれば国分寺• 明 ( あ )けなば 更󠄁 ( さら )に 乘 ( の )りかへて 山陽道󠄁 ( さんやうだう )を 進󠄁 ( すゝ )まゝし 天 ( てん ) 氣 ( き )は 明日 ( あす )も 望󠄆 ( のぞみ )あり 柳 ( やなぎ )にかすむ 月 ( つき )の 影 ( かげ )(終󠄁) JIS X 0208版 [ ]• 身 ( み )は 沈 ( しづ )めども 忘 ( わす )れぬは 海 ( うみ )より 深 ( ふか )き 君 ( きみ )の 恩 ( おん ) かたみの 御 ( ぎよ ) 衣 ( い )を 朝毎 ( あさごと )に さゝげてしぼる 袂 ( たもと )かな• 琴 ( こと )ひく 風 ( かぜ )の 濱松󠄁 ( はままつ )も 菜󠄁 ( な ) 種 ( たね )に 蝶 ( てふ )の 舞坂 ( まひさか )も うしろに 走 ( はし )る 愉󠄁 ( ゆ ) 快 ( くわい )さを うたふか 磯 ( いそ )の 波 ( なみ )の 聲 ( こゑ )• 霞たなびく大内や 御濠にうかぶ松の陰 栄行く御代の安らけく 列車は出ずる飯田町• 汽笛一声我が汽車は はや離れたり飯田町 牛込市ヶ谷堀の端 四ツ谷出づれば信濃町• 琵琶湖 ( びはこ )を 引 ( ひ )きて 通󠄁 ( とほ )したる 疏 ( そ ) 水 ( すゐ )の 工 ( こう ) 事 ( じ )は 南禪 ( なんぜん ) 寺 ( じ ) 岩 ( いは ) 切 ( き )り 拔 ( ぬ )きて 舟 ( ふね )をやる 知 ( ち ) 識󠄂 ( しき )の 進󠄁 ( しん ) 步 ( ぽ )も 見 ( み )られたり• また 本線 ( ほんせん )に 立 ( た )ちかへり 藤澤茅崎平塚 ( ふぢさはちがさきひらつか )も 過 ( す )ぎて 名 ( な ) 高 ( だか )き 大磯 ( おほいそ )や 海水浴 ( かいすいよく )のはじめの 地 ( ち )• 鳥 ( とり )も 翔 ( かけ )らぬ 大空 ( おほぞら )に かすむ 五 ( ご ) 重 ( ぢゆう )の 塔 ( たふ )の 影 ( かげ ) 佛法最初 ( ぶつぽふさいしよ )の 寺 ( てら )と 聞 ( き )く 四 ( し ) 天王 ( てんわう ) 寺 ( じ )はあれかとよ• 熊本 ( くまもと ) 城 ( じやう )は 西南 ( せいなん )の 役 ( えき )に 名 ( な )を 得 ( え )し 無 ( む ) 類 ( るゐ )の 地 ( ち ) 細川氏 ( ほそかはうぢ )のかたみとて 今 ( いま )はおかるゝ 六 ( ろく ) 師 ( し ) 團 ( だん )• 三保 ( みほ )の 松原 ( まつばら ) 田子 ( たご )の 浦 ( うら ) さかさにうつる 富士 ( ふじ )の 嶺 ( ね )を 波 ( なみ )にながむる 舟人 ( ふなびと )は 夏 ( なつ )も 冬 ( ふゆ )とや 思 ( おも )ふらん• 那波 ( なは )の 驛 ( えき )から 西 ( にし ) 南 ( みなみ ) 一 ( いち ) 里 ( り )はなれて 赤 ( あか ) 穗 ( ほ )あり 四 ( し ) 十七 ( じふしち ) 士 ( し )が 仕 ( つか )へたる 淺 ( あさ ) 野 ( の ) 内 ( たく ) 匠 ( み )の 城 ( しろ )のあと• 一 ( いち ) 時 ( じ ) 榮 ( さか )えし 都府 ( とふ ) 樓 ( ろう )の あとをたづねて 分 ( わ )け 入 ( い )れば 草葉 ( くさ 〔 〕 )をわたる 春風 ( はるかぜ )に なびく 菫 ( すみれ )の 三 ( み )つ 五 ( いつ )つ• 花かぐわしき靖国の やしろ間近き牛込の 牛の歩みも遅からで 市ヶ谷見附四ツ谷駅• midiは、各携帯会社のほとんどの機種で使用でき、高速にダウンロードできます。

17
唱歌 鉄道

見 ( み )よや 德川家康 ( とくがはいへやす )の おこりし 土地 ( とち )の 岡崎 ( をかざき )を 矢 ( や ) 矧 ( はぎ )の 橋 ( はし )に 殘 ( のこ )れるは 藤󠄇吉郞 ( とうきちらう )のものがたり• 淨 ( じやう ) 土 ( ど ) 西國千 ( さいこくせん ) 光 ( くわう ) 寺 ( じ ) 寺 ( てら )の 名 ( な )たかき 尾道 ( を の みち )の 港 ( みなと )を 窓 ( まど )の 下 ( した )に 見 ( み )て 汽 ( き ) 車 ( しや )の 眠 ( ねむり )もさめにけり• 故 ( こ ) 郷 ( きやう )のたより 喜々津 ( きゝつ )とて おちつく 人 ( ひと )の 大草 ( おほくさ )や 春 ( はる ) 日 ( び ) 長 ( なが ) 與 ( よ )のたのしみも 道 ( みちの ) 尾 ( を )にこそつきにけれ• 汽 ( き ) 笛 ( てき )ならして 客 ( きやく )を 待 ( ま )つ 汽 ( き ) 船 ( せん )に 乘 ( の )れば 十 ( じふ ) 五 ( ご ) 分 ( ふん ) 早 ( はや )くもこゝぞ 市 ( いち ) 杵 ( き ) 島 ( しま ) 姫 ( ひめ )のまします 宮 ( みや )どころ• はや上松の里過ぎぬ 結びて行かん風越の すそ野の尾花穂に出でて まねくは雪の駒が嶽• 坂下よりは飛騨海道 木曽路を後に中津駅 左に恵那山右に大井 電車に乗れば岩村町• 註: この文書ではが使用されています。 大森 ( おほもり ) 蒲 ( かま ) 田 ( だ ) 川崎 ( かはさき )や 鶴 ( つる ) 見 ( み )もいつかあとにして 東 ( ひがし ) 神奈 ( かな ) 川 ( がは ) 立 ( た )つ 汽 ( き ) 車 ( しや )の 行 ( ゆ )くてはそれよ 八王 ( はちわう ) 寺 ( じ ) 〔 〕• 關本 ( せきもと )おりで 〔 〕 平潟 ( ひらかた )の 港 ( みなと )にやどる 人 ( ひと )もあり 岩 ( いは )の 中道 ( なかみち )ふみわけて 磯 ( いそ )うつ 波 ( なみ )も 聞 ( き )きがてら• 横に貫くトンネルは 日本一の大工事 一万五千呎余の 夜の闇を作りたり• 栗林さんにご指摘いただきました。

4
唱歌 鉄道

ここでは「 単語 ( ルビ )」の形で再現しています。

14
唱歌 鉄道

いつしかまたも 闇 ( やみ )となる 世 ( せ ) 界 ( かい )は 夜 ( よる )か 隧道󠄁 ( トンネル )か 小夜 ( さよ )の 中山 ( なかやま ) 夜 ( よ ) 泣石 ( なきいし ) 問 ( と )へども 知 ( し )らぬよその 空󠄁 ( そら )• 大阪・三木佐助版の歌集は全五冊で、「汽笛一声新橋を」と歌い出す『地理教育鉄道唱歌』第一集(東海道)は1900年(明治33)5月刊。

4