ノストラダムス。 【ノストラダムス大予言2020年版】6月18日〜7月12日巨大地震発生、日本も大災害!? 大阪と名古屋消失…第三次世界大戦も勃発!

ノストラダムス

画像:pixabay 仮にそうなった場合、北朝鮮の最高指導者である金正恩氏はロシアに亡命するのではないかとも噂されています。

17
ノストラダムス

脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• だが強力で安全だと思われていたまったく予想外の国で、都市全体が燃えてしまう。 50-51• フランソワ・ブーシェによる、ノストラダムスをイメージした抽象的な彫像。 旅の途中で彼に出会ったノストラダムスは、まだ一介の修道士に過ぎない若者が、未来の教皇になる人物であることを看破したのだった。

14
ノストラダムス

『昭和ベストセラー世相史』第三文明社、1988年10月。

16
ノストラダムス

『 獣』 はアドルフ・ヒトラーをさし『 川を渡った』 というのはヒトラーとドイツ軍が国境を越えてフランスへ侵入したこと、 2行目は、ヒトラー (ヒスター)の統治を終わらせた同盟 (連合国)を示しています。 彼は『予言集』にの『ローマ建国史』から借用されたモチーフがあることを初めて指摘した。

18
ノストラダムス

ましてや難解な四行詩の解釈においては、フランス語を母国語とするフランス人でさえ困難なのだ(『百詩篇集』はフランス語で書かれている)。 166-171• たとえば、ドナルド・トランプ米大統領の出現、ノートルダム大聖堂火災などだ。

ノストラダムス

ノストラダムス ノストラダムスとは ノストラダムスは1500年代のルネサンス期に活躍したフランスの医師です。 なお、発行部数については、「」の節も参照のこと。 リヨンの出版業者アントワーヌ・デュ・ローヌによって1557年に出版され、1558年に再版された。

2
ノストラダムス

この旅行中の出来事としては、以下のような「伝説」が有名である。

8