サザエさんヒトデちゃんとは。 本当に美味いウニは「塩水ウニ」一択!北海道小樽の漁師が語る、極上ウニと出会うためのウニ知識

サザエさんヒトデちゃんとは

そのクオリティーを安定して長く続けることで信用がついてくると、高値で買い取られていくんだわ。 口で箱メガネを咥え、手にはタモ。 北海道内のデパートでも主流はミョウバンを使った折ウニで、価格は平均3,000円台だった。

7
サザエさんヒトデちゃんとは

—— 美味しいウニを食べたかったら、「塩水うに」を選べばいいんですね! ただ、塩水ウニと一口に言っても、いろいろある。 小樽は、ウニ漁などの磯での漁がメインの地区だから、放っておいたらウニが採れなくなって商売ができなくなる。

10
サザエさんヒトデちゃんとは

さらに、びっくりした! おそらく、ミョウバンを使用した 折ウニ(板ウニ)を使っている寿司屋さんで言われて、その人はずっとそれを信じていたんだと思う。

15
サザエさんヒトデちゃんとは

最初の3年はウニ・アワビだけからスタートして今年 (取材当時2017年)で 12年になるね。 この 「箱メガネ」を口でくわえて固定して海底をのぞいて、昆布のなかに隠れているウニを探す。 といっても俺は食べられないんだけどね(笑)。

4
サザエさんヒトデちゃんとは

で、片手をついてもう片方でタモを持つ。

サザエさんヒトデちゃんとは

北海道フェアなど特別な機会がなければ、なかなか一般では手に入らないんじゃないかな。

10