江戸川 区 香取 神社。 江戸川区の葛西駅周辺で神社巡りをしてきました(前編)

香取 江戸川 神社 区

実は、この「桑川新田」も私の中では謎の場所。 旧長島村の開村時に創建されたのではないかと考えられています。 (摂社) 江戸川区東葛西2-35-14• 元々は第六天社と呼ばれていました。

6
香取 江戸川 神社 区

境内にある浮洲明神社は、漁業民の信仰が厚い神社です。

香取 江戸川 神社 区

元和三年(1617年)に再建、 西小松川村の鎮守でした。 室町時代の後期に、下総国千葉家より神職がこの地に移り、創建したと伝えられている神社です。

8
香取 江戸川 神社 区

一之江駅と葛西駅の中間にあります。 (旧上今井村鎮守) 江戸川区江戸川3-44-8• (旧上一色村鎮守) 江戸川区西小岩2-2-8• 雷の鎮守神としても崇められています。 () 関東地方• 大正6年(1917)長島・桑川・南新川・十五面などの有志によって改築された。

香取 江戸川 神社 区

(埼玉県久喜市上川崎)• 創建の年代は不明ですが、江戸時代には旧中平井村の鎮守でした。

4
香取 江戸川 神社 区

雷香取神社 境内に、雷香取神社落成記念碑があり、そこに雷香取神社のお由緒も書かれています。

8
香取 江戸川 神社 区

旧西一之江村の鎮守で、元々は神明社と呼ばれていました。

14
香取 江戸川 神社 区

学問の神様である菅原道真公をお祀りしています。 元は神明大神宮と呼ばれていましたが、明治になり天祖神社に改称しています。 (江戸川区西小松川町1-3) 豊栄稲荷神社 江戸時代の中期に創建された神社になります。

15
香取 江戸川 神社 区

徳川家康が鷹狩りの際に、境内にあった小高い場所で休憩をとったとも伝えられています。 最寄駅は行徳駅になりますが、旧江戸川を挟むため、瑞江駅からの方が近いです。