エギング 時間 帯。 春イカエギングのタックルと釣り方のコツ【攻略法】

時間 帯 エギング

エギが跳ねないようでは釣れないと思った方がよいです。 あくまでも確率の話で、このタイミング以外でもアオリイカが回遊してくることはありますが、上記の潮周りに狙いを定めてエギングすることが、 冬エギング攻略のポイントです。

時間 帯 エギング

小潮 ザックリと上から順にアオリイカが回遊しやすい潮を書きました。 移動して一投目でビンゴも結構ありますよ。 なので、ここでは一般的に昼に有効とされているカラーと私の経験からオススメのカラーを紹介します。

時間 帯 エギング

そして5月位になり、水温上昇が進んでいくと日中になっても岸に近い浅場にアオリイカが残るようになり、デイゲームも成立しやすくなる。

19
時間 帯 エギング

(経験則です。

8
時間 帯 エギング

昨今は、8ft(フィート)6in(インチ)を基準として、8ft前後のものが多く出ている。 この時間はとても釣れやすい時間なので 必ず竿を出すようにした方がいいでしょう。 だから朝マズメに何度か釣りに出かけて釣れなかったとしても、最低でも1度は夕マズメに釣行してみた方が良いって事! ポイント毎の癖が分かるようになると、無駄な時間を過ごさずに効率よく高確率でアオリイカをキャッチできるようになるぞ。

時間 帯 エギング

イカが釣れる時=時合です。 穏やかなポイント 秋の新子はあらゆるところがポイントになるのですが、やはり潮通しの良い外洋向きよりも漁港などのある程度穏やかなところの方が新子は集まりやすいです。 ただ、釣れる時間が約60分程度なので、短時間勝負になります。

時間 帯 エギング

その為、 エギングの上級者クラスの人だと、この手ごたえを味わいたくて、このシーズンだけエギングを行う人もいるほどです。 というのも、夏の時期は海水温が限りなく上昇し、高水温を嫌うアオリイカが「沖の深場」へ落ちてしまうからなんです。

7
時間 帯 エギング

先ほども言いましたが、 夜は ブラインドでアタリを取らなければいけないため 中級者〜上級者向けです。

時間 帯 エギング

【はね】 着水後、沈下速度を遅くするのと同時に、竿を振り上げた際すばやく手前に寄ってこないようなブレーキの役目や、泳ぐ際のバランスをとっています。 初夏は春の残りの大型がいますので、結構狙い目だったりします。

19